脱毛豆知識

日焼けしてる状態では脱毛サロンで脱毛できない?

脱毛サロンでは脱毛機を使って気になるムダ毛の部分に光を当て、それで細胞を弱めることでムダ毛を生えない形にさせようとします。そのため、日焼けをしている状態でこうしたものを使うと予期せぬ影響を与えかねず、トラブルの原因となるため日焼けをしている人は脱毛できないようになっています。



日焼けをしている状態で脱毛することでの問題の1つ目は、日焼けした直後の肌です。日焼けした肌というのは紫外線にさらされ、いわゆる肌が炎症を起こしたような状況であり、いわば弱っている状態です。そこに細胞を弱めるほど強力な光を当てるのですから、肌への影響は計りしれません。肌が弱い人はダブルパンチを受けた状態となるため、日焼けをした直後は避けないといけません。


2つ目に、日焼けして黒くなった状態で使うことが危険な点です。通常、脱毛サロンで使う機械はムダ毛に反応するようになっています。黒い肌もムダ毛も実は同じメラニン組織のため、肌が黒いとそこにも反応してしまい、予期せぬ肌トラブルを招いてしまいます。時折、ほくろから毛が出ている人がおり、こうした脱毛をお願いする人もいるそうですが、同じような理由から断られてしまうそうです。


最後に、脱毛サロンで強烈な光を浴びた後は、肌が弱るため、その既に弱っている肌にまた強い光を当てることでシミになってしまったり、ヤケドを負ったりすることも挙げられます。つまり、日焼けしてから機械で脱毛の光を当てることもいけませんが、その逆も深刻な肌トラブルを招く要因となってしまうのです。


ですので、真夏など、こうした処置をしてもらうことがわかっているのであれば、入念な日焼け対策をしておく必要があるのと同時に、海に行く予定があったのならば、時間を空けた上で行くようにしましょう。肌が強ければいいということではありません。強かろうと弱かろうと人工の光、太陽光をダブルで受け続けることは大きな負担を肌に与え、取り返しのつかないことになりかねないので注意が必要です。