群馬コラム

群馬県人は、ユニクロが好き?ユニクロのエアリズムとは?

服は、いつもどこで買っているでしょう。


お金をいくらでもかけられるなら、センスもよくて、質のいい衣類を自由に選ぶことができますが、なかなかそうゆうわけにもいきません。


限られた予算で、できるだけいいものを...となると選択肢は少ない。UNIQLO(ユニクロ)なんかは、その一つでしょう。


90年台の終わりぐらいから、勢いを伸ばし、今では、全国各地に800店舗以上のお店がありますが、一番ユニクロの店舗が多いのが、群馬県。


単純な店舗数で考えると東京、大阪、神奈川が多いですが、人口10万人あたりに何軒のユニコロがあるかを考えると群馬県が全国1位になります。


次は、宮城、その後、大阪、東京の順です。
※2015年


なぜ、群馬県にユニクロが多いのかは謎ですね。ユニクロの店舗数ランキングでゆうと、昔は、ファッションセンターしまむらの店舗数ランキングと相関関係があったようです。


ユニクロ派か、ファッションセンターしまむら派...、値段が同じなら、ユニクロで買う人が多そうですが...。ユニクロも、一応ブランド。群馬県だと、ユニクロ派の人が多そうですね。


美肌のために?ユニクロのエアリズム


ユニクロのヒット商品といえば、ヒートテック。ただ、これは、あたたまる下着で、夏は着れません。夏以外に着れる下着もつくれば...なんて思っていたら、もうできていました。


その名もエアリズム。


極細化を追求した繊維で、空気のように軽くなめらかな肌着とのこと。空気のようという表現がすごいですね。涼しく快適な衣服内環境で、汗のべたつきや蒸れが気になる季節に向いています。


エアリズムには、当然女性用と男性用がありますが、女性用のWOMENエアリズムの機能をいくつか、みてみましょう。


●吸放湿
蒸れにくく、いつでもサラサラの吸湿、放湿繊維
●ドライ機能
汗をかいてもすぐ乾きます。エアコンの聞いた室内での汗冷えを軽減します。
●放熱
体からでている熱をすばやく逃します。着ている方が心地いいです。
●接触冷感
着た瞬間にひんやりします。夏なんか気持ちよさそうです。


たかが肌着、されど肌着。実は、技術の粋が結集しているんですね。美肌を意識している方なんかにも向いていそうです。


すでに、日本のみならず、世界中で販売しています。
ユニクロのWEBページでは、世界中の人の着心地体験を紹介してありましたが、


●軽くて何も着てないような感覚が気に入ってます。(フランス 女性 28歳)
●バスケットボールのときに最高。サラッとしていてリフレッシュした気分になれる。(米国 男性 17歳)
●汗のベタつきも、冷房による冷えも気にならなくなりました。1年中、着たいです。(日本 女性 46歳)
●停電で蒸し暑くなったオフィスでも、べたつかず快適でした。(マレーシア 男性 42歳)
●さらりとした感触とシルクのような肌触りが大好きです。(中国 女性 35歳)


とのこと。すごく着心地のいい下着のようですね。


「10万人世界同時トライアル」というものを実施、「この肌着は、究極に心地よい?yesかnoか」という質問をしたところ、98.7%の人が究極に心地よいという答えを出したとのこと。


着た人、ほぼ全ての人が同じように感じたということ。究極というといいすぎなのかもしれませんが、少なくとも普段の下着よりは確実に心地よいということでしょう。エアリズム...すごく着てみたくなります。


気になるのは、値段。これだけいいものだと、値段も高め、肌着にお金をかけるのもなぁ...といったところですが、そこはユニクロです。どんなにいいものでも、安い!


タンクトップ、キャミソール、Tシャツ...全て、1000円程度で買えます。普段きているものとそんなに変わらないんじゃないでしょうか。それで、究極に心地いい...。こりゃ、次に買うときは、ユニクロ決定ですね。